作品紹介

発売年

山田太郎ものがたり 第1巻

表紙

<あらすじ>

山田太郎。私立一ノ宮高校1年(特待生)。成績優秀、眉目秀麗、スポーツ万能。そんな彼の唯一の欠点は、貧乏であること。長男として家計を一手に担う彼は、お嬢様育ちの母親に弟妹6人の1か月分の給食費・3万円を使い込まれて大ピンチ! そんなとき、謎の少女から現金100万円と謎の白い粉を渡されて…!?

<みどころ>

最初の1話目は実は読み切り予定での掲載で、一挙100ページというムチャ振りでした。新人の彼女にアシスタントなどまだいない時期で、先輩の、今は亡き鳥羽笙子先生の仕事場で一緒に手伝ってもらいながら仕上げたと記憶しています。
2話目から連載ということになりましたが、毎回毎回行き当たりばったりの1話完結でした。2話目登場の夢見るザ庶民・隆子は最初からキレが良くて、ことあるごとにいい味を出してくれました。


森永あいの作品が読めるサービス